スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLESS ONLINE返金騒動

28日よりBLESS ONLINEの欧米サーバーのアーリーアクセスがsteamより開始されました。
日本や韓国では大コケしたゲームですが、欧米での期待度は何故か異様に高く、大変注目を浴びているようです。
28日からのアーリーアクセスに参加するにはsteamより参加権を購入しなければなりません(40・70・150ドルの三種)。一般には30日からの解放です。
期待度の高いBLESS ONLINEでしたが見事にやらかしてくれました。

・初日からサーバーが落ちる
・他地域のサーバーでは実装されているエンドコンテンツが未実装
・バグにより通貨が増殖 サーバーロールバックの要求が高まる
・まだ未実装のアイテム課金をしろとゲーム内でしつこく案内してくる
クソゲー

あまりの惨状に多くのプレイヤーが返金を要求し、スチームでのBLESSの低評価レビューは一時期地獄の最下層を突き抜けます。
事態を重く見たsteamはついに返金を承諾。
本来プレイ時間2時間以下の場合のみ受け付けられている返金を、プレイ時間に関わらず受け付ける事にしたようです。
Redditやsteamコミュニティーの掲示板は返金報告の書き込みで溢れ返りました。

運営のネオウィズはエンドコンテンツを1~2週間以内に実装する事を約束。バグも最優先事項として対処する事を発表しました。
同時にサーバー数を大幅に増加し、混雑も解消させるとしています。

BLESSをプレイしたことは無いのですが、レビューを見る限りでもさほど魅力的ではありませんし、韓国や日本でコケたのになぜ欧米ではこれほど注目度が高いのか、正直WoWやGW2と言った魅力的なゲームに囲まれながらもBLESSをあえて選択する理由が見当もつきません。


スポンサーサイト
PR
プロフィール

たよりなさげだ

Author:たよりなさげだ
今はToSやってます

最新記事
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。