スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ToSの薬草学Part1

ToSの世界で見られる薬草の数々、それらは普段私たちが聞き慣れない名前の為に想像上の産物なのだと思いがちです。
しかし、この小さな物言わぬ啓示者たちのお伴たちには実はしっかりとした由来があるのです。
この不思議な名前の薬草たちを少し探ってみましょう。

https://treeofsavior.com/news/?n=742

啓示者の皆さんこんにちは
下の画像はToSで見られる薬草の一覧の一部です。所持品を確認してみましょう
herb1.jpg

・ギスロティス
ギスロティス(リトアニア語?英名plantain和名オオバコ)は世界中で見られる植物で、主にその生命力の高さで知られています。
ToSではプリーストのサクラメントの媒体として利用されています。

・ディルゲレ
ディルゲレ(イラクサの仲間)は葉や茎に棘毛が生えており、触った時に痛みを伴うのはそのためです。
ToSの世界では濃縮ポーションやクリティカル、ブロック、魔法増幅ポーション等の材料として広く使われています。

・ラムネレー
ラムネレーは主にカモミールの名で知られています。
大抵は香り素晴らしいハーブティー等の見目麗しい物等に利用されていますが、ToSでは何かの材料として利用する事はまだ出来ないようです。

・ラヴェンダー
ラヴェンダーの名前の由来はラテン語のlavare(洗い流す)から来たと考えられています。
その心地よい香りから、蝋燭や香り袋などの香りを楽しむ物に利用されています。
ToSでは突、闇、氷属性攻撃増幅ポーション、また火、毒、闇防御上昇ポーションの材料として知られています。

・ラウドネリス
ラウドネリスは主にオレガノという名前で知られています。
爽やかでちょっと苦みのある味はシーフード料理によく使われますが、特にトマトとの相性が良いとされます。

・アルファルファ
この馴染みない名前の由来はアラビア語の「新鮮な食糧」を意味する語から来ていると言われています。
その名の通り、ToSではモルモットの好物です。

・ヴァルナレーザ
ヴァルナレーザは私たちがゴボウとして知る植物のリトアニア名です。
その根は無臭ですが苦みと油っ気があると言われ、主に医薬品として、風邪や麻疹、発疹等に効くとされています。
ゲーム内では濃縮SPポーションや魔力増幅ポーション等に利用されています。


kToSユーザーの”ハングル読めない”氏の投稿より
スポンサーサイト

テーマ : Tree of Savior
ジャンル : オンラインゲーム

PR
プロフィール

たよりなさげだ

Author:たよりなさげだ
今はToSやってます

最新記事
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。