創刊ToSマガジン CEOキム氏対談

https://treeofsavior.com/page/news/view.php?n=1308

創刊ToSマガジン「Popolion Post」

ToSの開発秘話やスナップ写真、コミュニティのあれやこれやをお伝えする公式ウェブマガジンが始まりました。
創刊号の目玉は
・新クラスご紹介
・独占インタビュー!キム・ハッキュ氏に迫る。(IMC社CEO)
・美容室開発秘話
・質問TOS開発室
などのコーナーとなっています。

今回はキム氏の対談(p7-p10)を取り上げたいと思います。

独占インタビュー!キム・ハッキュ氏に迫る。(IMC社CEO)
IMC社CEOにしてTOSの生みの親であるキム・ハッキュ氏に、ToSの現況、ゲームの裏側、TOSの将来について語っていただきたいと思います。

ポポリオンポスト(以下P):ポポリオンポストへようこそキムさん。創刊号にてこの対談を実現できた事に興奮を隠せません。まずは読者の皆様に何か一言お願いします。

キム(以下K):啓示者の皆さんこんにちは。そして創刊おめでとうございます。新しい試みに参加できたこと、このマガジンを通して皆さんに情報を発信できる事を嬉しく思います。

P:TOSマガジンの創刊はキムさんのアイディアだとお聞きしております。また、この新しい挑戦に最初から関与していたとお聞きしています。どういった意図でこの企画を始めたのでしょうか。

K:プレイヤーに寄り添った形の心強い情報発信源を作りたかったのです。開発室ブログは情報源として発信の間隔にムラがあります。そこでポポリオンポストの様な情報誌という形であれば定期的に皆さんと交流を図れるのでは思い至ったのです。
加えて、復帰者がマガジンを有効活用する事で追いつきやすいと思います。

P:新しい試みを始めるのに良いタイミングと言えますね。というのも今月はなんと国際サーバー2周年記念なのですから。
2周年記念に関して何かコメントはありますか。

K:ハハハ。TOSの開発と言うのは子育てと似ている所があると思います。本当に大変な思いをしなければしっかり成長させる事ができません。ですが、皆さんの応援の声に励まされここまで続けてこられました。TOSは健全に真っすぐ成長していくと自信をもってお答えすることが出来ます。開発メンバーは皆TOSに特別な思い入れがありますし、ユーザーへの感謝の念を共有しています。

(以下長いので大まかにまとめ)

K:重要なのはプレイヤーと信頼関係を作る事。TOSは長く運営していきたい。単に儲けたいだけの開発や、ゲームを台無しにする様な開発はしない。

P:今注力している事は何ですか。

K:2017年はモバイル版TOSの開発に係っきりだった。またTOS担当だった副社長が退社し、その後任として私がTOSに深く関わる事がこれからは出来る。

P:TOSの現況についてと、改善点と改善案は何ですか。

K:開発室は常にエンターテイメント性とゲーム世界に浸れる要素を追及している。
一方で私はゲームの安定性・最適化、サーバー構築に注力する。昨年、多くのサーバーの不安定要因を取り除けた。
TOSの最大の障壁は最適化だった。サーバーの新調を行ったが、その際混乱と不具合が生じた。昔に比べれば大分改善されたが、なおクライアント側の最適化を続ける必要があると認識している。
人と人の交流に重点の置かれるMMOではこの手の問題は最も重要だ。

P:まだ不安定だと感じている人が多いでしょう。具体的な解決方法は何ですか。

K:今月より韓国サーバーでクライアント安定化パッチを段階的にリリースできる。しかし、すぐに全てを直すことはできないので、一からコツコツとテストを重ねながら積み上げなければならない。
見直すべき点は多い。グラフィックエンジン、リソースマネジメント、不要なプログラムやデータの存在・送受信・・・。
数十人単位の社内テストでボス戦を行い最適化可能な個所を特定する作業を行っている。

P:コミュニティーやギルド関連のアップデートに関する話はあるか。

K:その分野はMMOの肝だと理解している。
実はGvGコンテンツは既に開発完了済みだが、先述の最適化が完了しなければリリース出来ない
また、ギルドメンバーマネジメントシステムは我々の前時代的なサーバー構築では処理しきれない。
そのためsocket/CPP 方式からHTTPS/C# へサーバー方式を変更する。
これにより既に紹介済みのギルドシステム(ゲーム内勧誘掲示板等を指すものか?)を実装できる。また、更なるギルド機能を計画中。

P:MMOの根幹部分を固めている事が解った。
IMCのゲームを見るとTOSの特徴的なグラフィック、同時複数キャラ操作システムのグラナドエスパダと、どちらもユニークなゲームだ。

K:まさしく。
クリエイターとして今までに無い事をしたいという思いがある。しかし、ゲームの安定性とのバランスが重要だ。
ユニークな特徴を備えた魅力的なゲームを作り続けたい。

P:モバイル版についての話を伺いたい。

K:今の所開発は順調だ。もうすぐ更なる発表が出来る。
開発当初難儀したのは、PC版とモバイルの兼ね合いだ。PC版をそのままモバイルに移すことは出来ないし、それでは何の新しさも無い。
PCゲームはプレイヤーに複雑な操作や集中力を要求する。一方、モバイルはシンプルでなければならず、また、現実世界のプレイヤーの常に変化する状況に合わせられなければならない。
そのため、PC版は重厚なPvEコンテンツやギルドコンテンツに焦点を当て、モバイル版はアイテムコレクト等の生活コンテンツやスピード感のあるキャラの成長によって差別化を図る。
要するに、PC版もモバイル版も同時にプレイする価値がある物に仕上げる。

P:楽しみですね。ありがとうございました。

K:こちらこそ。これからもTOSとポポリオンポストをよろしく。




2年目にしてようやくクライアントの安定化に着手。正に王者の風格。

随時その他のコーナーについてもまとめたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : Tree of Savior
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

PR
プロフィール

たよりなさげだ

Author:たよりなさげだ
今はToSやってます

最新記事
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
PR